革衣類・毛皮・レザーのクリーニング&ケア 専門店

リカラー・色替え

リカラーとは

簡単に言ってしまえば、キズや汚れに色を塗って補修することです。

だからと言って、ホームセンターの塗料で補修するようなことはしないでください。
一般に流通している資材・リペアの手法では、塗膜が割れる・剥がれる等の欠点があります。

クリーニングのデアはそのような問題を解決するべく開発されたレザー専用の資材を使用しています。
革の生産現場と同じ原料から作られた資材を使い、生産現場と同様の着色方法でリカラー・補修をおこないます。

スムースレザーに効果を発揮

革ジャンの日焼け

キズが直っている訳ではありません

キズや汚れに色を塗って補修。
光の当たり方によってはキズが見えます。
触るとキズがあることが分かります。

リカラーできないものもあります

合成皮革のバッグ
塩ビ・模様のあるもの 色が弾かれてしまいます。
また、細かな補修はできません。

合成皮革・合皮 ※工場にて判断します。
偏光パール・エナメルのような光沢があるものは不可。
リカラーをしても、素材の経年劣化により素材ごとひび割れる場合があります。

その他、工場判断でリカラーできない場合もございます。

質感・風合いが変わります

ヌメ革・スエード地のもの質感が変わります。
スエードの手触りが変わります。スエードの光沢が変わります。

スエードの質感を残すように薄く色をつけることは可能です。

雨ジミなど、薄い色の革に濃い色の汚れが付いている場合 濃い色の汚れを隠すため、薄い色の部分が若干濃くなります。

※薄い色(日焼けなど)に濃い色を付けることはできますが、濃い色(汗ジミ、黒ずみなど)に薄い色を付けることは難しいです。

以上の点を踏まえ、リカラーをご利用ください。

補足事項

作業内容は同じですが、

  • 地の色に合わせて補修することを「リカラー」
  • 地の色ごと別の色に変えることを「色替え」

と表現しています。

全体的に汚れのひどい場合、

  • 色見本や「この部分に合わせてリカラー希望」の指定
  • 汚れが見えても質感を重視するか、質感が変わっても汚れが見えなくなることを重視するかの指定

があると助かります。

BEFORE & AFTER 事例集

専門店だからできる仕上がりの違い