革衣類・毛皮・レザーのクリーニング&ケア 専門店

よくある質問

DEAレザー・皮革工房では、ハイブランドの革靴や、思い出のレザージャケット、ご家族から譲られた毛皮のコート、ネットで手に入れた品など、いろんな革製品のクリーニングやリカラーのご依頼があります。
ここでは、革製品クリーニング・リカラーのご注文時によくある質問について簡単にご紹介します。

なお、注文の仕方等でわからないことについてはこちらを参考にしてください。

また、保管については、こちらをご覧ください。

メール・電話のお問い合わせ対応は、営業時間内(平日10:00~18:00)となっております。
お問い合わせいただいた内容によっては、メール返信まで3営業程度いただいております。
お待たせしまして申し訳ありませんが、ご了承の上、ご連絡ください。

お電話なら、0120-890-861(フリーダイヤル)へ。

作業内容について

Q: 長年の愛用の皮コートです。襟、袖がひどく汚れています。レザークリーニングできれいになりますか?
きれいになります。時間がたって変化し、皮の内部まで浸透してしまった皮脂ヨゴレは、少し跡が残ります。
クリーニング後、残った部分はリカラー調色し、仕上げます。革の素材がスムースレザー(表革)ではなく、スエード(裏革)の場合は、毛羽立っているため、汚れは表面だけでなく、奥の方まで染みこんでしまっています。クリーニングするだけでは汚れは取れません。変色など残った色素は、リカラーしますが、染料のしみこみ方が一定ではなく、がさついたりして、染色には大変難しい技術を必要とします。この作業ができるところは”デア”以外にありません。
Q: 革のブルゾンが日焼けして白茶けてしまったのですが、直りますか?
クリーニング後、日焼けした跡を染色技術でリカラーで修正します。
特にダーク色(黒、紺、茶系)は、ほぼ元のようになります。日焼け範囲が広い場合は全面リカラーとなります。
Q: 古びた皮コートがまるで新品のようになって戻ってきました。どのようにして復元したのですか?
レザークリーニングで汚れを落とした後、変色してしまっている箇所をリカラーをします。
リカラーは同じ色を調合して色をエアーブラシや筆を使って彩色していきます。熟練した技術が必要です。これは革製品を製造する加工と同じものですので、シミや変色箇所が跡形もなく、なくなって、元のようになります。スエード(バックスキン)の汚れ跡はリカラーが十分できないものがあります。目の細かい模様のある生地のものは、リカラーが出来ません。
Q: スエードのジャケットにしみがついてしまいました。何のシミかわかりません。
表面に起毛がある皮革は「スエード」「ヌバック」「ベロア」と呼ばれています。しみは染み込みやすく取れにくい素材です。
クリーニング後リカラーしますが、皮の素材、色によって薄く残る場合があります。どうしても取りきれないシミの場合、濃い色に染め替えして隠してしまう方法があります。
Q: スエード(裏革)のコートにコーヒーをこぼしてしまいました。バッグ専門店でクリーニングしてもきれいになりませんでした。
スエードは毛羽立っているため、汚れは表面だけでなく、奥の方まで染みこんでしまっているため、クリーニングするだけでは汚れは取れません。変色など残った色素は、リカラーしますが、染料のしみこみ方が一定ではなく、がさついたりして、染色には大変難しい技術を必要とします。この作業が十分できるところは”デア”意外にありません。日にちが1ヶ月以上たって、変色してしまっているものは、特殊作業となり、お見積りとなることがあります。
Q: 革(レザー)製品の一部に臭いの強いものがあります。その原因は何でしょうか、家庭でできる臭いを消す方法を教えて下さい。
臭いの原因は原料皮、防腐剤、脱毛剤、なめし液など革製品の製造工程に原因があることがあります。
また着用後に付く臭いは、汗の臭いや香水、油など臭いの成分が複合したり、個人差もあるので、なかなか悪臭の原因をはっきりさせる事はむずかしいと思います。
臭気の強い革は通気の良い場所に放置しておくと臭気が低下することがあります。脱臭剤、芳香剤などが数多く市販されており家庭での使用が可能です。
衣類と違ってレザー(革)の臭いを消すことは、なかなか難しい。その中でも酸化チタン光触媒を利用した消臭加工は効果が高いと言われています。
Q: 雨の日に使用したところ、皮が硬くなり、型くずれしてしまいました。修復は可能でしょうか。
※折り目が付いた場合
雨の日に皮(レザー)衣料や高級バッグを使用することは避けた方が良いでしょう。
革衣料や高級バッグに使用されている素材は、なめらかで適度の弾力性のある感触のよい革が使われています。風合いや感触が良い分、堅ろう性は弱くなっていて、その表面は塗装膜に十分おおわれていませんので、そのため水にはどうしても弱くなります。
濡れた革は水分により膨らみますが、水分が蒸発して乾燥すると収縮が起こり、繊維間の摩擦が大きくなって、硬化し、風合いが悪くなります。革の繊維構造の緻密さは、布などの比ではないので、収縮の度合いも大きくなり、型くずれが生じます。
折れ目が付いてしまった場合も同様に、革の組織が変形しているので完全に戻すことはできません。
Q: 古びた皮コートは、使い古した風合いが好きなので、汚れを落とすだけでいいのですが・・?
汚れを落とした後、変色してしまっている箇所をリカラー(色の調整・補正)することがありますので、リカラーを希望されない場合は、ご注文の際に必ずその旨をお伝えください。革は染色堅牢度が弱いので、クリーニングによって色合いが、現在の色より少し変化することがあります。
Q: レザーのスカートにワインのシミが付いてしまいました。きれいになりますか?
表皮(銀面)のレザーのシミは、クリーニング後、残ったシミ跡をリカラーで修正してきれいに仕上げます。
スエード、ムートン、ベロアなどの裏皮(バックスキン)の場合は、残ったシミ跡を、同じくリカラー処理をして修正しますが、少し残る場合があります。
Q: スタジアムジャンパーのような皮と布のコンビになっている革製品は、クリーニングできますか?
きれいになります。布の部分は手洗いの為、落ちない汚れもあります。レザーはもともと染色(堅牢度)が弱く、本革の色が布側に移ることがあります。たいていのものは、問題ありませんが、布の色が白、皮が濃い色(赤、青)の場合は、まず移染が考えられますので、ご返品になることもあります。
皮と布がコンビの衣類をご購入の際、お店に「皮の移染」についてお問い合わせください。
Q: ヌメ革(タンニンなめし革)製品を使用しているうちに飴色や茶色に変色してきました。また、爪などが当たったり擦ったりすると傷がついたりその部分だけ変色したりしますがなぜでしょうか?
ヌメ革は、植物タンニンでなめされています。他の皮のようにクロムなめしされた革に比べて柔軟性が劣るため、その補助として油脂を多く含ませています。
このタンニンや油脂が日光、汚れ、大気中のガス、人の汗、水などにより酸化されて飴色に変化してきます。次第に濃い色に変化してしまい、元に戻ることはありません。 徐々に飴色に変化していくことが、革らしい自然の風合い醸しだし、ヌメ革の味わいの深さだと好まれる方も多いようです。
一般の革は、色落ちやシミを防ぐために表面をラッカーやウレタン樹脂などでコーティングされていますが、ヌメ革は天然革本来の味を大切にするために、コーティングされていません(一部には薄くコートしたものもあります)。
このため、汚れも革内部に浸透しやすく、シミになりやすく、汚れも取れにくく、傷つきやすく、耐水性も弱いのが特徴です。ヌメ革製品は、使用前にあらかじめ、つや消しコーティングスプレーや防水性のスプレーをかけておくと、予防になります。 また使用しないで、長い間しまったままにしておくと、ひび割れを起こすものがあります。
時々は使用してあげて、汚れを取り、専用の手入れ剤をしておけば、ひび割れは起こることはありません。
Q: 牛革の白いブルゾンにジーパンの色が移ってしまいました。
汚れを落とした後、リカラーにより再生します。革に色柄があるものは難しい場合がありますが、相当改善されます。
ジーンズは染色が弱く、他のものに移ります。雨の日など特に気をつけましょう。
Q: 皮製品の修理、リフォームはできますか?
ファスナー取替え、ほつれなおし、裾丈詰め、袖詰め、裏地の付け替え、毛エリ付け、ベルト作成、など品目は多くありますが、ブランド品など部品が手に入れにくいものは、代替品を使用することになります。
Q: 金具のメッキが剥がれて来ました。直りますか?
金メッキ、銀メッキなどメッキの再加工ができます。見違えるようにきれいになります。
Q: エナメル部分にシミがついて、エナメル用のクリームでいくら拭いても取れません。
購入したお店に行っても、そこで紹介されたレザークリーニングの専門店に行っても、断られてしまいました。なんとかなりますか?
エナメルは、ピカピカしている光沢が特徴ですが、表面を顕微鏡で見てみると、無数の小さな穴が開いています。
そこから汚れが入り込んでしまうのです。表面からどんなことをしても汚れは取れません。
作業として表面のエナメルを1度剥がして、中の汚れを取り、再度エナメル塗装をやり直します。大変難しい作業ですが、元のようになります。
これはレザークリーニングの”デア”だけができる技術です。

カビについて

Q: レザーのブルゾンにカビが生え、跡が残っています。きれいになるのでしょうか?
ほとんどのカビは除去できます。皮の中までカビが浸透しているものは、カビの跡が残ります。
除去後のカビの跡はリカラーで修正します。スエードのリカラーはカビの跡の部分が色調が少し変わる場合があります。カビの臭いは、消臭加工で除去しますが、カビがひどいものは残る場合もあります。
Q: カビなのでしょうか。着用しないで長く保管しておいたら、全体に茶色いシミが転々とついてしまいました。とても気に入った革コートです。直るでしょうか?
それはやっかいなカビです。カビが変色してしまって、革の組織も痛んでいるかもしれません。
これは特撰レザークリーニングでも、リカラーでも修正することは出来ません。解決方法としては濃い色に染め替えてしまうことを、おすすめします。
同系列の色に、たとえば茶色ならこげ茶か黒に。ブルーなら濃紺か黒に。濃い色で染色してかび跡を覆い隠してしまう方法ですから、組織が損傷している場合は、その部分の感じは残ってしまいます。
Q: 茶色のムートンジャケットにカビが生えてしまいました。元のようになりますか?
ほとんどのカビはレザー専門クリーニングで除去できます。皮の中までカビが浸透しているものは、カビの跡が残ります。
除去後のカビの跡はリカラーで修正します。スエードのカビの臭いは、消臭加工(有料)で除去します。古く茶色に変色してしまっているカビは大変やっかいです。どこの革専門クリーニング店でも再生はできません。
クリーニングのデアでは、濃い色に染め替えをしてカビが見えないようにしてします。カビで革が痛んでしまっている場合は、染めかえしてもカビ跡が少し残ることがあります。

納期について

Q: レザーの衣類が薄汚れてきました。きれいにしてもらいたいのですが、出来上がりの期間はどのくらいですか?
レザー(革)のクリーニングは、検品、洗浄、自然乾燥、リカラー、最終仕上げなど作業工程が複雑なため、日にちがかかります。
お預かりしてから約1ヶ月、内容によってそれ以上かかることがあります。
お急ぎの場合は、注文時にその旨をお伝えください。最短にて作業させていただきます。お急ぎ便(手数料料金の10%増し)

料金について

Q: 全面リカラーすると料金はいくらになりますか?
全面リカラー込の料金は、クリーニング代のほぼ2倍となります。
汚れがあると染色が十分に出来ませんので、クリーニング後、リカラー作業を行います。期間は1ヶ月以上掛かることがあります。