DEA皮革工房

ビフォーアフター

作業例

  • 撮影時の光の加減により、実際の色とは若干の差があります。

水シミ跡

レザークリーニング前 革ジャンの水シミ クリーニング・染め替え前 レザークリーニング後 革ジャンの水シミ クリーニング・染め替え後
革ジャンの水シミ クリーニング・染め替え前 革ジャンの水シミ クリーニング・染め替え後

水に濡れた後にそのままにしてしまったために、大きな水シミができてしまった革ジャン。
クリーニングと同時にお客様のご要望によりブラウンへの 染め替えを行った結果、見違えるようになりました。

革は水に濡らすと蓄積された目には見えない汚れが流れ、シミができてしまいます。
もし水に濡れてしまった場合は、水気をなるべく早く乾いた布などでふき取るなどしてください。

また大きく濡れたからといって、ドライヤーやヒーターなど温風に当ててはいけません。
当ててしまうと乾いたときにムラなどが生じてしまいます。革製品のお手入れは慎重にしっかりと手順を踏んで行いましょう。

色落ち、スレ

レザークリーニング後 革ジャンの全体的なスレ・日焼け
バッグクリーニング前 革ジャンの全体的なスレ・日焼け レザークリーニング後革ジャンの全体的なスレ・日焼け

コムサデモード(COMME CA DU MODE MEN)のフライトジャケットです。
大人の色香が漂うシルエットですが、すっかり色焼けしてしまって、銀面(革の生肌)がむき出しになっていました。

リカラーを施すことでご覧のとおり、抜け落ちた色味はすっかり元通りになります。

ただ、リカラーのメリットはそれだけではありません。
ダメージを修復することで、油分が補給されると同時に、皮膜がコートされますので、大事な革を守る福次効果も期待できるのです。
色が抜けてしまったら、そのままにせず、プロのリカラーによる定期的なメンテナンスを行うことが大切です。

黒ずみ、シミ

レザークリーニング後革ジャン 首周り・肩汚れ
バッグクリーニング前 イタリア製 革ジャン レザークリーニング後 イタリア製 革ジャン
イタリア製 革ジャン イタリア製 革ジャン

全体に使用感はありますが、綺麗に着用なさってきたイタリア製の革ジャンですね。
それでも襟ぐりはやはり皮脂汚れで黒ずんでいます。肩の部分にも着色汚れ、黒ずみ、シミが目立っていました。

地色より濃い色汚れを、もう一度、薄い地色でぼかすことはあまり好ましくありません。
塗膜を厚くすると、そのぶん仕上がりが不自然になるからです。

今回はご了解をいただき、地色よりややトーンを落としてリカラーさせていただきました。
汚れが顕著な部分の黒ずみはうっすら残りましたが、自然な風合いを維持して、全体的な改善のできた一品です。

全体のくすみ

レザークリーニング後Filo di Seta (フィロ・ディ・セタ) レザーコート
レザークリーニング前 レザーコート 日焼け・汚れ レザークリーニング後 レザーコート 日焼け・汚れ
レザーコート 日焼け・汚れ レザーコート 日焼け・汚れ

ワンピ調のノーカラーが可愛らしいFilo di Seta (フィロ・ディ・セタ)のレザーコート。
全体のくすみ、スレによる縁汚れ、ところどころに見られるシミが長年の愛着を感じさせます。
このような汚損状態でも、革そのものはまだまだ元気です。
ここでしっかりとメンテナンスをすれば、また何年も一緒に冬を越せるでしょう。

入念なクレンジングの後、革に必要な栄養分をしっかり含んだ塗料でリカラーを行っていきます。
風合いを残すため、過剰な肉付けは避けています。
汚損の激しい箇所はうっすらと黒ずみが残ることもありますが、気になる程度ではありません。
こちらのお品物は染料がとても良く食いつき、色艶もくっきりと再現できました。

日焼け、ダメージ

レザークリーニング後ライダースジャケットの日焼け
バッグクリーニング前バンソンのライダースジャケット レザークリーニング後 バンソンのライダースジャケット
ライダースの日焼け バンソンのライダースジャケット

高品質のレザーウェアを提供し続けてきた、老舗レザーウェアブランド、vanson(バンソン)
長年にわたって多くのバイカーに信頼され続けているバンソンのモーターサイクルウエア。
厚い革とハンドクラフトにこだわったその作りは、本当に「一生モノ」と呼ばれるのにふさわしい逸品です。

そのようなバンソンのライダースジャケットも、一部分のみ日焼けのダメージを受け続けると、見た目の印象が変わってしまいます。
クレンジングで表面の汚れを落とし、リカラーで日焼け部分に色を定着させていきます。
また、リカラーすることによって今後の日焼けによるダメージへの耐久性向上が期待できます。

トップコートで撥水性能も発揮しますので、バイカーには欠かせない定期的なメンテナンスとも言えるでしょう。

汗じみによる変色

汗じみによる変色ビフォー 矢印 汗じみによる変色アフター
Before
After

※撮影時の光の加減により、実際の色とは若干の差があります。

脇の汗が染みこみ、酸化して白くなりました。
革専用クリーニングの処理で水溶性の汗の成分を除去。残ったシミをリカラー(色補正)にて処理をしました。

日焼けによる模様

日焼けによる模様ビフォー 矢印 日焼けによる模様アフター
Before
After

※撮影時の光の加減により、実際の色とは若干の差があります。

ブラインドから入る日光により縞模様の日焼けが起こりました。
日焼け部分を中心に全体をリカラー(色補正)にて処理をしました。

ペンキの付着

革ジャンにペンキの付着 矢印 革ジャンにペンキの付着
Before
After

※撮影時の光の加減により、実際の色とは若干の差があります。

革ジャンにペンキの付着・作業

革ジャンに水溶性のペンキがべったり付いてしまいました。
革専用クリーニングの水性および油性処理にてほぼ落ちました。
残ったシミはリカラーにて修正いたしました。

バイソンポケット付きジーンズスカート染め替え

バイソンポケット付きジーンズスカート染め替え 矢印 バイソンポケット付きジーンズスカート染め替え
Before
After

※撮影時の光の加減により、実際の色とは若干の差があります。

バイソンポケット付きのジーンズスカートを、お客様のご要望により黒に染め替えしました。

ムートンジャケット染め替え

ムートンジャケット染め替え 矢印 ムートンジャケット染め替え
Before
After

※撮影時の光の加減により、実際の色とは若干の差があります。

ムートンジャケットを毛皮部分はそのままに、黒に染め替えしました。

スエードの革ジャンの日焼け

スエードの革ジャンの日焼けビフォー 矢印 スエードの革ジャンの日焼けアフター
Before
After

※撮影時の光の加減により、実際の色とは若干の差があります。

スエードの革ジャンの日焼けです。レザーの染色はとても弱く、紫外線で変色します。
革専用クリーニング後、染め替えによって修復しました。

BEFORE & AFTER 事例集