革衣類・毛皮・レザーのクリーニング&ケア 専門店

革の種類

加工方法の違いによる革製品(レザー)の種類

スムースレザー

スムースレザー
表革、銀面とも呼ばれます。表面を使用した革(レザー)のこと。 牛・羊・やぎなどの皮を クロムなめし、またはタンニンとクロムを合わせてなめした革製品(レザー)。

スエード(裏革)

スエード(裏革)
ヤギや子牛などの皮の裏面をけば立て起毛させた革製品(レザー)。 手触りは柔らかく、靴やハンドバッグなどにも使用されます。

バックスキン

バックスキン
鹿皮のこと。 スエードと同じく裏面をけば立たせた革製品(レザー)です。手触りは、とっても柔らか。

ハラコ

ハラコ
牛の胎児の毛皮をなめした革製品(レザー)。 希少価値が高く、毛並みの柔らかさが特長です。

ムートン

ムートン
羊の革のこと。 暖かく、手触りの良さが特徴です。

ヌバック

ヌバック
銀面をけば立たせた革製品(レザー)です。 繊細なビロード状になっていて、毛羽は短め。原料は主に牛皮を使用。

エナメル革

エナメル革
耐磨耗性のあるウレタン、光沢感のある合成樹脂仕上剤が表面に加工されています。

ヌメ革

ヌメ革
タンニンなめしを施しただけの、染色・塗装がされていない革のことをいいます。 革そのものの風合い、味わいが魅力です。 使うほどに色が変わってきて、味わいのある革製品(レザー)です。