革衣類・毛皮・レザーのクリーニング&ケア 専門店

レザージャケットのお手入れ方法

レザージャケットといえば、愛好者の方には周知のことではありますが、夏以外のシーズンで着ることができる万能のファンションアイテム。
様々なブランド、デザインのレザージャケットが存在します。
風を通さず、軽快かつスタイリッシュに防寒できてしまう優れものです。

ただ、着用しないでクローゼットにしまったままにしていると、革が硬化したり、劣化していたり、カビが生えたりすることも。
ご自宅で洗濯することのないレザージャケットは、汚れや雑菌によってカビが生えやすく、当店でも「知らぬ間にカビが生えて困っている」と、よくご相談されます。

こちらでは、レザージャケットのご自宅でできるメンテナンス方法と、雨でぬれた場合の対処法、シーズンオフにしておきたいことについてご紹介していきます。

日常的なお手入れ方法

表面的な軽い汚れは乾いた布で拭きとるか、ブラッシングします。
ブラッシングは革に付着した汚れを落とすための大事な工程です。
特に汚れによって縫製してある糸が劣化することもあるので、縫い目部分も手入れしておくと良いでしょう。
ブラシはぜひ、繊維にそって、優しくかけてください。

また部分的な汚れは専用のレザークリーナーを布につけて軽く拭きとります。
ただし、クリーナーがしみ込んでシミになる革もあるので、目立たない部分で試してから実行に移してくださいね。
汚れによっては、市販の革用消しゴムを使って落ちるものもあります。
これも影響がないかどうか見えないところで試してからの方が良いでしょう。

市販の手入れ剤は、形状(霧状、泡状、液状、ペースト状、半固形状)、用途(保革用、汚れ落し用、防・撥水用など)、製品用途(衣料用、靴用など)、革用途(銀付革用、起毛革用など)など、多くの種類が市販されています。
必ず、使用前に確認してから使用してください。

手持ちの革製品にあうものが分からない場合は必ずお店または専門家に相談するようにしましょう。

ベンジン、シンナー、中性洗剤などを使用すると、色落ちや革のツヤがなくなるので×。
最後には専用オイルを染み込ませコーティング、磨き上げオイルをなじませます。
そして、風通しの良いところで干してから保管します。
型崩れを防ぐためにも、レザージャケットは太めのハンガーに掛けましょう。

万が一雨に濡れてしまった時は

レザージャケットが雨に濡れてしまったら、乾いた布でポンポンと優しく叩くようにして水分を拭き取り。
濡れた部分を擦ってしまったり、ドライヤーで急激に乾かそうとするのはNGです。
なぜなら急激な温度変化にも弱いのが革の特徴だから。

拭き取ったあとは、陰干しして乾かします。
乾ききる前にオイルで油分を補給するのもオススメ。
完全に乾いたら、乾いた布で余分なオイルを拭き取りましょう。

シーズンオフ(夏)にしておきたいこと

最低でも年に1回、可能であればシーズンごとにクリーニングすると良いでしょう。

革は、湿度の変化に応じ、呼吸するかのように、水分を吸収し、また放出しています。
これが、レザージャケットを着ていて快適である理由の一つであり、革の最も大きな特色ともいえるのです。

愛用することでついた皮脂や汚れが革にしみこむと、ニオイやシミ、カビの原因となりますし、革の湿度コントロールを担う多孔性が失われて、快適さを落とすことにもつながります。

そうはいっても、デリケートな素材の革ジャン、ブランドもののレザージャケット、何年もかけて自分好みに育てたレザージャケットを自宅で洗うのは、勇気がいりますよね。
水に弱いレザージャケットを洗濯したら、思った以上に革が縮んだといったアクシデントも起こることもあります。

専用の洗剤や、時間をかけて作業することが難しいときは、専門のクリーニング店へ。
クリーニングのデアなら、たくさんのレザージャケットを洗ってきた職人が、細部まで気を付けて作業いたします。
気になる傷や、レザーの色落ち、スレがあれば、リカラーも行っていますので、お気軽にご相談ください。
料金や作業内容など、お電話やメールでのお問い合わせをお待ちしております。